授業報告

10月12日(水)〜13日(木)

宇治市立平盛小学校第4学年(京都府)

授業の模様

10月12日(水)
アニメ「私たちの食べ物は大丈夫?」を見たあとに、ゲーム「クックの調理場衛生チェック!」を使って、衛生管理について勉強します。「手洗いをする」など8つのチェックポイントを全問正解するまで、みんなで何度も挑戦しました。
ゲームの次は企業の衛生管理を見てみます。マクドナルド品質管理統括(ひんしつかんりとうかつ)セクションの草野さんから衛生管理の基礎となる手洗いの方法など説明がありました。次に、学校給食を作るときの衛生管理について栄養職員さんからの説明です。大切なことは、細菌(さいきん)を「もちこまない」「ふやさない」「さっきんする」と言うことがわかりました。
最後は手洗いを学びます。「手洗いチェッカー」を使って、いつもの手洗い方法で、手の汚れや細菌(さいきん)が、しっかり落ちているのか確認です。まずは、いつものように手を洗って、チェック箱に手を入れてみます。汚れが落ちていないところは、反応して、白く光ります。草野さんに手洗い方法のポイントを教えてもらい、再度、チェック箱に手を入れてみます。みんな何度も挑戦し、手の洗い方をマスターしたようです。

10月13日(木)
 6グループに分かれてホットドックの調理実習を行います。栄養職員さん、草野さん、マクドナルド24号大久保店店長の杉山さんが、きのう学んだ8つのポイントを守りながら調理を進めているかどうかチェックをします。そして、でき上がったホットドッグを持って写真撮影。その写真をプロジェクターで見ながら反省会をしました。最後にマクドナルドのお店でハンバーガーを作る時に注意している衛生管理のポイントを「てりやきマックバーガー」を実際に作りながら説明しました。
2日間の授業を終えて、衛生管理を、なぜ行うのか、なぜ必要なのか、そして大切なポイントは何かということを知識だけではなく、毎日の生活で実践できるほど習得することができました。

子どもたちの感想

  • さいしょは、ぜんぜん何をするのか分からへんかったけど、勉強をしてからいろいろなことが分かった。ちゃんと手を洗わないと、いろいろなところにばいきんがつくんだ。もっと、きれいに手を洗ってばいきんがはいらないようにしなきゃ!
    衛生管理をちゃんと頭に入れて、これからも料理の手伝いをする時や、よごれた時や、ごはんを食べる時や、外から帰ってきた時は、わすれずにちゃんと洗わなあかんわー。衛生管理の勉強ができてとってもよかった。
  • 「わたしたちの食べ物はだいじょうぶ?」の勉強をして、衛生管理はとても大切で、また、とてもたくさんすることがあるんだなあと思った。 ホットドッグを作るとき、○○君はちゃんと清けつにできるかなあ、おなかがいたくならへんかなあとか、いろいろ心配したけれど、おなかもいたくならへんかったし、とてもおいしかったし、チームワークがいいとほめられて、とてもうれしかったし、楽しかったです。 ホットドッグをまた作りたいなあって思っています。もし、作ることになったら、今度はもっと清けつにしたいなあ。
  • こんなきんとかきたないものがあったなんて思ってなかったです。先生から「新しい石けんだよ」って言われて手につけた時、「こんな石けんあるの?」って思いました。だって、水っぽくてぬるぬるしてないし、あわが立たなかったもん。先生から「実は・・・」って聞いた時、「えーっ!」って思いました。でも、たのしかったです。
    それから、マンガみたいなのでも勉強できたっていうのがすごいと思いました。
    手をきれいに洗っても、まだいっぱい青いのがありました。あのきかいを学校に何個か、家に一つほしいぐらいです。あのきかい、お店に売ってないかなあ。
  • ぼくは8つのうちの1つだけをホットドッグ作りでとくに注意しました。それは、「大声で話さない」です。でも、あるていどは声を出していました。
    ぼくは、衛生管理を知らなかったので、これからは、しっかりします。
    それから、4時間目にやってくれたマクドナルドの人がちゃんと衛生管理をしていたので、それを見習って、しっかり実行していきます。
ページトップへ