授業報告

10月5日(金)

新潟市立木崎小学校保護者(新潟県)

授業の模様

 木崎小学校に集まった地域の方々や保護者のみなさんを対象に3時間目「どうしてお腹が減るのかな?〜基礎代謝ってなに?〜」のデモ授業を実施しました。
地元のテレビ局も取材にきており、夜のニュースで授業の様子が放送されました。
授業の始まりでは、「基礎代謝って何ですか?」といった雰囲気に包まれていましたが、授業終了後は「なるほど!!」と言って家路に着かれていました。

参加者からの感想

  • 楽しくて分かりやすい授業でした。自分の基礎代謝が分かりよかったです。間食を減らして筋肉量を増やしていきたいです。
  • バランスを意識した食事を心がけます。

    その他にも、子どもたちが取り組みやすい教材だというコンテンツに対する好評価もいただきました。

授業担当者の感想

 地域の方の学習会ということもあって、たくさんの方が参加しました。基礎代謝を測る機会は日常では少ないらしく、授業が終わってから「測ってみてもいいですか?」という方もいました。みなさん自分のからだのことには興味があるみたいですね。

3時間目のねらいは「何のために食べるのか?」ということを、エネルギーという視点で考え、それらを通して、「食べ過ぎること」や「食べないこと」について、子どもが一人一人深く考えることです。自身の基礎代謝を測定することで、自分が1日に必要としているエネルギーと、摂取するエネルギーの過不足がもたらす影響を理解したり、正しい知識を得たりすることもできます。
さらに、日頃自分が食事によって摂取しているエネルギーと1日に必要としているエネルギーとを比較検討することができれば、日々の生活でこれからの食事や運動について、意識するようになることも期待できます。

ページトップへ