授業報告

10月15日(土)

日本工学院八王子専門学校 声優・俳優科1,2年生(東京都)

授業の模様

 日本工学院八王子専門学校、声優・俳優科1・2年生280名を対象に0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」の授業を実施しました。  
 朝ごはんがなぜ大切なのかを考えるにあたり、まず導入のアニメをみてもらいました。小学生向けのコンテンツではありますが、それぞれのキャラクターの特徴をしっかり捉え、楽しみながら視聴していました。その後、「朝ごはんを食べないと、なぜぼーっとしてしまうのか、それ以外にもよくないことが起こるのか?」ということを考えてもらいました。「太りやすくなってしまう」、「脳の働きが悪くなる」など鋭い意見が出ていました。  
 実際にどうなるのかを考えるにあたり、コンテンツ内の「コッコとクックの調査ファイル」を使ってみていきました。学生のみなさんには朝ごはんの重要性を再認識していただけたようでした。そして最後には朝食の時間をきちんと確保できるように、生活リズムを見なおしてもらいました。

学生たちの感想

  • 高校で部活をしている時に、「朝ごはんをちゃんと食べないとケガをするぞ」と言われ、 朝ごはんを食べるようにしていたが、今日の授業を聞いて、朝ごはんの重要性がよく分かった。これからは、パン1個でも食べればよいということでなく、バランスのことも 考えて、食べるようにしていきたい。
    増田拓磨さん(声優・俳優科1年)
  • 朝ごはんはパンを食べているけれど、バランスは考えていなかったので、パンの他にもヨーグルトや野菜をとるように心がけていきたいと思いました。
    本保里奈さん(声優・俳優科1年)
  • 好きなものを好きなだけ食べるのではなく、バランスよく食べることの大切さを感じました。
    後藤里奈さん(声優・俳優科1年)
  • 昼寝をして眠れないことがあるので、昼寝もほどほどにして生活サイクルを見直していきたいと思いました。
    齊藤小浪さん(声優・俳優科1年)

授業担当者の感想

 みなさんとても積極的に授業に取り組んでいただきました。朝ごはんを食べている方は多かったのですが、なぜ食べる必要があるのかというところまで考えている方は少なく、自分の食生活を見直していただく良いきっかけになったと思います。今回の授業を受け、夢に向かってよりしっかりとしたからだをつくり、頑張っていただければ幸いです。

ページトップへ