授業報告

6月19日(火)

社会福祉法人友愛福祉会おおわだ保育園 おれんじ・みどり組(大阪府)

授業の模様

 おおわだ保育園おれんじ・みどり組の子どもたちを対象に、4時間目「私たちの食べ物は大丈夫?」の貸出教具である「手洗いチェッカー」を使った活動が実施されました。
 今回は、「綺麗な手でグリッシーニを作ろう」ということで、調理実習前の手洗い指導として実施されました。
 エプロン・帽子を正しく身につけた後、手洗い指導が行われます。チェッカー液を全員が手にすりこみ、正しい手洗いの方法を先生から教えてもらってから手洗いをしました。その後、一人ひとり「手洗いチェッカー」で手の汚れ(洗い残し)を確認していきます。手に汚れが残っていないか、みんな真剣に自分の手を見つめていました。  
 全員手が綺麗になったことを確認した後、グリッシーニの生地を細長く成形し、焼きあげて完成です。 自分たちで作ったグリッシーニを美味しくいただくことができました。

先生の感想

 おおわだ保育園では、「食育」の取り組みに重点を置いています。出されたものを食べるだけでなく、クッキングや食品加工を通じて食への興味を引きだしていきます。また食にかかわることにより、手洗いや食の大切さを学んでいけるようにしています。今回、手洗いチェッカーを活用した手洗い指導を行いましたが、大きな教材で一人ひとりが目で見て手の汚れを確認することができるという体験は、子どもたちにとって印象深く、心に残る事だと思いました。
 この経験を活かし日々の活動時はもちろんのこと、お泊り保育やバザーの模擬店での調理の際の手洗い指導を継続していきたいと思います。

ページトップへ