授業報告

6月22日(金)

門真市立門真小学校 放課後児童クラブ(大阪府)

授業の模様

 門真市立門真小学校の放課後児童クラブで、3時間目「どうしてお腹がへるのかな?」を使った活動が実施されました。パソコンとプロジェクターをつないで、みんなが見やすいように大きなスクリーンにデジタルコンテンツを映して行いました。 活動は、以下の流れで進めました。

1 導入アニメを見て、「どうしてお腹がへるのか」を考える。
2 運動をするとどれだけエネルギーが消費されるのか(消費エネルギー)みんなで予想をし、読み物・図解「クックの代謝を見てみよう」で答え合わせ。
3 基礎代謝や摂取・消費エネルギーについて、先生からの詳しい説明を聞く。 アニメや図解を通して、普段あまり意識することのない「基礎代謝」や「摂取・消費エネルギー」について理解を深めることができたようです。

先生の感想

 授業時間が30分程度ということで、いろいろ考えていた内容の半分もできませんでした。しかし、デジタルコンテンツ(アニメや読み物・図解など)を活用した学習は、子ども達の興味を大いに引くことができました。小学校1〜3年生が大半でしたが、様々な運動の中でも水泳の消費エネルギーが大きなことにとても驚いていました。「お腹がへる」という身近な課題から活動に入ることで、子ども達も興味を持って真剣に聞くことができました。

ページトップへ