1時間目 好きなものだけ食べちゃいけないの?
1時間目 好きなものだけ食べちゃいけないの?

〜読み物・図解〜五大栄養素

コッコ姉さん  私たちが元気に生活するためには食事からエネルギーを得ると同時に、エネルギーに変えたり、からだの調子をととのえる栄養素が必要です。栄養素はその働きや性質から、たんぱく質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンの5種類に分けられ、これを「五大栄養素」と言います。
 たんぱく質、脂質、炭水化物はからだを動かし、体温を保つためのエネルギーになります。また、たんぱく質や無機質、脂質は筋肉や骨格などからだの組織をつくります。さらに無機質、ビタミンはからだの調子をととのえます。
クック 見ていくですよ〜!

たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム ビタミンA

たんぱく質〜からだをつくる栄養素〜

私たちのからだは筋肉や骨、皮ふやかみの毛や爪、脳、内臓、血液などからつくられているね。その全ての部分の材料となっているのが“たんぱく質”なんだ。
【主にたんぱく質の含まれている食品】
肉、魚、牛乳・乳製品、卵、大豆、大豆製品
肉や魚、牛乳・乳製品、卵などに含まれている動物性たんぱく質と、
大豆・大豆製品や穀類(こくるい)などに含まれている植物性たんぱく質の2種類があるのよ。

動物性、植物性、どちらのたんぱく質もかたよることなくバランスよくとるようにしてね!
チーチュウ
【主にたんぱく質の含まれている食品】
【とり過ぎの場合】
【不足の場合】
太りすぎにつながるので注意しましょう。
元気が出なかったりボーっとしてしまったりします。成長期にたんぱく質が不足すると、からだや脳が十分に発達しない場合もあります。
▲このページのトップへ


たんぱく質〜からだをつくる栄養素〜

私たちのからだの中でもえて、からだを動かすエネルギーのもととなる栄養素。それが“脂質”。少量でたくさんのエネルギーに変わる効率のよい栄養素なんだ。また体温を保つ働きもあるんだよ。
【主に脂質の含まれている食品】 ビーン
肉、魚、牛乳・乳製品、植物油、卵、バター、マヨネーズ
魚の油に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の神経細胞を、動物性脂肪に含まれているコレステロールは血管壁や細胞膜をつくっているのよ。
また、脂質はビタミンの吸収を助ける働きもあるの。
1日に必要な脂質は、動物の脂肪、植物の油脂、魚の油で、4対5対1くらいを目安にするといいわよ!
【主に脂質の含まれている食品】
【とり過ぎの場合】
【不足の場合】
脂質はからだの中にたくわえることのできる栄養素なので、とり過ぎると太りすぎにつながります。
注意しましょう。
からだを動かすエネルギーがなくなったり、 体温保持がうまくできなくなってしまいます。からだをしょうげきから守るクッションの役割もしているので適量をとりましょう。
▲このページのトップへ


炭水化物〜からだと頭を働かせる栄養素〜

からだを動かすため、また脳にとっては唯一の栄養素。それが“炭水化物”。
私たちは1日に必要なエネルギー量の約60%をこの炭水化物からとり入れているのよ。
【主に炭水化物の含まれている食品】 ハンバーガエル
米(ごはん)、パン、パスタ、うどん、そば、じゃがいも、さとう
炭水化物は米、小麦などの穀類(こくるい)や、穀類を原料としているパン、パスタ、うどんやいも類、さとうなどの食品に多く含まれているの。1日中休みなく働いている脳や、成長期のからだに効率よく炭水化物を供給するには、ゆっくりと消化吸収される米や穀類の炭水化物が最適とされているのよ!
【主に炭水化物の含まれている食品】
【とり過ぎの場合】
【不足の場合】
とり過ぎた炭水化物はからだの中で脂質に変化してたくわえられるで、とり過ぎると太りすぎにつながります。注意しましょう。

脳の唯一のエネルギー源です。
筋肉はエネルギー源をたくわえることができますが、脳はたくわえることができないので、つねに補給が必要です。
炭水化物が不足すると脳に栄養が行かなくなり、集中力が低下してしまいます。
不足することなくしっかりと補給しましょう。
▲このページのトップへ

→次のページへ

  アニメ 好きなものだけ食べちゃいけないの?
  プロに聞け!
5大栄養素
  ゲーム ぱくぱくクック
先生・保護者の方へ
食育の時間トップページへ