研修報告

8月13日(水)

稲城市教育研究会(東京都)

授業の模様

 お盆最中にもかかわらず20名ほどの養護教諭の方々が参加し、アットホームな雰囲気の中、0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」1時間目「好きなものだけ食べちゃいけないの?」を実施しました。
 0時間目では、なぜ朝ごはんを食べた方が良いのかを科学的に解明していきます。例えば、朝食を食べない生活を続けると太りやすくなったり病気にかかりやすくなったりするということを、グラフを用いて実証していきます。「朝食の量自体が少ないのになぜ太りやすくなるのか?」といった質問などが矢継ぎ早に飛び出すなど、積極的に授業に参加し、そして楽しんでいる様子がうかがえました。実際には、空腹時間が長くなると、次の食事で取り入れたエネルギーを余分に脂肪として蓄えてしまうため太りやすくなります。
 いかにして朝食の重要性を子どもに伝えるのかを考える良い機会になったのではないでしょうか。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 どの研修会にお邪魔しても先生方の熱気を感じるのですが、今回の研修会では先生方からたくさんの質問が出るなど、大変充実した内容となりました。
 朝食の必要最低量がわからないため朝食作りに困っている保護者がいて、その対策を考えているという先生がいらっしゃいましたが、学校現場での課題は増加しており、先生方からの要望も今まで以上に高くなっているということを痛感しました。現場の声をしっかりと着実に反映させ、コンテンツの質の向上に努めていきたいと思います。

ページトップへ