研修報告

11月13日(木)

秦野市小学校教育研究会保健部会(神奈川県)

授業の模様

 2学期も折り返しを過ぎた11月13日、秦野市小学校教育研究会保健部会26名の先生方を対象に、0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」1時間目「好きなものだけ食べちゃいけないの?」を実施しました。
 0時間目では、「ぼーっとしちゃうをつきとめよう」の三択クイズを考えながらメモを取ったり、1時間目では、ゲーム「ぱくぱくクックカンペキメニューを考えよう!」を使って、グループワークを行ったりと、積極的に授業に参加されていました。
 特に、グループワークを行うことで先生同士の意見交換が活発になり、それぞれのクラスの状況に合わせたコンテンツの活用方法を見つけられたようでした。

 

参加者からの感想

授業担当者の感想

 0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」のデモ授業では、「ぼーっとしちゃうをつきとめよう」の三択問題が簡単すぎるのではという意見もありました。
 三択問題だけをみると簡単に見えるのですが、血糖値や体温に関するグラフを使った科学的な解説は、児童にとっては多少難しい部分もあることから、簡単な(楽しい)部分と難しい(科学的な)部分を組み合わせることによって、児童の興味が持続できるような組み立てになっていいます。1時間目のゲーム「ぱくぱくクックカンペキメニューを考えよう!」では、先生方がグループワークによって大いに盛り上がりました。このように学校でもグループワークとして取り組んでいただけると活発な授業につながると思います。
 グループワークを盛り上げるための大型教具も無料で貸出を行っておりますので、ぜひ「食育の時間」を多くの学校でご活用いただければと思っております。

ページトップへ