研修報告

7月29日(水)

鶴田町「学校保健会学習会」および
「食育と生活リズム推進委員会学習会」(青森県)

 

授業の模様

 青森県鶴田町の「学校保健会学習会」および「食育と生活リズム推進委員会学習会」にて、0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」の模擬授業と、1時間目「好きなものだけ食べちゃいけないの?」のコンテンツ体験を実施しました。模擬授業は、事務局のスタッフが教師役となりました。
町をあげて食育に取り組まれているということもあり、参加された先生方は真剣に学習されていました。授業や課外活動の時間などに「食育の時間」が活用されることが期待できそうです。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 この研修会には、教育長をはじめ、栄養士・保育士・学校の管理職・教員など多くの方々が参加されました。鶴田町には、町民みんなが健康で長寿の町づくりを目指すための「朝ごはん条例」が制定されています。それゆえに、参加者の意識がとても高く、熱心な模擬授業が展開されました。
 この研修会では、0時間目と1時間目の模擬授業を行いました。0時間目の授業では、朝ごはんを食べないと、「脳の働きの低下」「病気になりやすい」「体が動きにくい」の3つのポイントを押さえ、朝ごはんと就寝時間との関係について触れました。1時間目の授業では、「ぱくぱくクック カンペキメニューを考えよう!」で、参加された方にも、バランスのとれた食事を考えてもらいました。参加された栄養士の方が考えた食事を具体例にあげてみたところ、栄養素的にバランスのとれた食事でした。さすが、専門家だなと感じました。
 この模擬授業が、子どもの実生活をより良くできることに役立つならば、何より嬉しいことだと考えています。

 
ページトップへ