研修報告

8月20日(木)

桐生市・みどり市保健主事合同研修会(群馬県)

 

授業の模様

 群馬県の「桐生市・みどり市保健主事合同研修会」にて、小学校教員を対象に0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」4時間目「私たちの食べ物は大丈夫?」の模擬授業を実施しました。事務局スタッフが教師役となっての模擬授業でした。0時間目では、朝ごはんの大切さを、アニメやクイズを交えて楽しく学習していきます。また、4時間目では、先生に実際に手洗いをしてもらいます。手洗い液は手洗いチェッカーという液体なのですが、洗い残した部分が白く光るようになっています。その洗い残した部分を見て、自分の手洗いの実態をつかむことができます。実際に手洗いをしてもらうと、親指の付け根や手の側面に汚れが残っているところがあり、普段指導している先生方にとっても刺激になったようです。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 大人数での研修会となり、普段の授業の雰囲気とは若干違いましたが、夏休みの終わりであるにも関わらず、先生方には積極的に参加していただいたので、楽しく授業をすることが出来ました。研修会終了後、「実際の授業で使いたい」「そのまま現場で使うのもいい」など、色々なご意見をいただけたので、これから食育の授業が小学校や中学校で広がっていけばと願っております。

ページトップへ