研修報告

7月23日(金)

学校給食用物資啓発事業に伴う調理実習並びに研修会(福島県)

 

授業の模様

 万葉ふれあいセンターで開催された「学校給食用物資啓発事業に伴う調理実習並びに研修会」の中で0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」と3時間目「どうしてお腹がへるのかな?」の模擬授業を実施しました。各時間の模擬授業を行った後に部屋を移動し、「食育の時間」についての質疑応答や貸し出し教材の説明などを行いました。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 当日は気温の高い真夏日の開催となりました。模擬授業では2つの授業を体験していただきましたが、特に3時間目は貸し出し教材の体験もあったので盛り上がりました。先生方には小学生になったつもりで授業を受けてもらっていますが、基礎代謝は大人になっても重要な数値なので皆さんしっかりと自分の基礎代謝をはかっていました。模擬授業後、別室での質疑応答では「高校生にもつかえるのか?」、「教材はどのくらいの期間貸し出しをしているのか?」など具体的な質問を頂きました。今回の参加者は栄養士の先生方なので、食育の授業を実施される機会も多いと思います。是非とも「食育の時間」を活用していただければと思います。

ページトップへ