研修報告

8月17日(火)

東京都教師養成塾生研修会(東京都)

 

授業の模様

 日本マクドナルド株式会社内の人材教育施設であるハンバーガー大学が主催する研修会の中で、教師を目指す大学生を対象に、4時間目「私たちの食べ物は大丈夫?」の模擬授業を実施しました。
模擬授業の前には、マクドナルドのCSR活動と社会貢献の主要四分野である教育支援、食育支援の取組とこれまでの実績について、マクドナルド担当者からご説明いただきました。

 今回の模擬授業では、学生のみなさんに小学校6年生の生徒になりきって、衛生管理の授業を受けてもらうことにしました。導入のアニメーションから、問題解決を図る確認クイズまで積極的に参加し、手洗いチェッカーを使用した手洗い体験に至っては、汚れが落ちるまで何度でも手洗いをしておられました。

 純粋に生徒になって授業を受けている部分と併せ、自分が教師の立場で授業をする際にはどのような授業展開をしていけばよいのか?を考えて体験している姿が印象的でした。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 参加者が大学生ということもあり、いつも以上に活気のある研修となりました。今回実施した模擬授業内容だけでなく、「食育の時間」の他授業や教具についても興味を持ってもらうことができ、有意義な研修会となりました。
子どもたちの食育や子育て支援は、いま、社会全体で取り組むことが必要とされています。次代の教育現場を牽引していかれる塾生のみなさんに、企業の教育支援の取組に対して理解を深めていただくことも私たちの大切な活動のひとつです。今後の赴任先でのご活躍を期待しております。

ページトップへ