研修報告

8月25日(水)

東京都教職員10年経験者研修(東京都)

 

授業の模様

 日本マクドナルド株式会社内の人材教育施設であるハンバーガー大学が主催する研修会の中で、勤続10年目の先生方に、4時間目「私たちの食べ物は大丈夫?」の模擬授業を実施しました。
模擬授業の前には、マクドナルドのCSR活動と社会貢献の主要四分野である教育支援、食育支援の取組とこれまでの実績について、マクドナルド担当者からご説明いただきました。

 今回は、小学校、特別支援学校、高等学校の先生に一緒に研修を受けていただきました。 児童・生徒になった気持ちでアニメーションを見たり、確認クイズに取り組みながらも、「自身のクラスでは、何をテーマにどのように実践に取り入れていこうか。」ということを考えたり、先生同士で相談する姿も見受けられました。
手洗いチェッカーを体験する場面では、「この教具を使って、他の小学校ではどのような授業展開がなされていますか?」など、実践につなげるための質問が出てきていました。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 模擬授業を受けることで、実際の「食育の授業」に対するイメージがついたという感想をいただくことができました。授業を実施する先生方の、授業や教材に対する興味や理解があってこそ、児童・生徒さんにも「食育」が楽しく実践的に伝わっていくものと思います。
「企業の教育支援」にご理解をいただき、それぞれの先生方が、今日の授業で感じていただいた驚きや楽しさを、児童・生徒のみなさんに伝えていっていただければと思っております。

ページトップへ