研修報告

10月4日(木)

千葉県学校給食センター研究会 第四地区栄養士部会(千葉県)

 

授業の模様

 香取市佐原中央公民館で開催された千葉県学校給食センター研究会 第四地区栄養士部会で0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」5時間目「みんなで食べるとおいしいね!」の模擬授業を実施しました。千葉県北東部の学校給食センター勤務の栄養士・栄養教諭の勉強会です。朝ごはんの大切さについては、「血糖値」という難しいキーワードを科学的に解説するデジタルコンテンツを通して、生徒に理解を促す授業内容を体験していただきました。また、孤食化などの食習慣を見直す5時間目の授業では、普段の栄養指導とは少し違う観点からの食育授業について考えていただくきっかけとなりました。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 0時間目と5時間目授業は、いずれも毎日の食事の習慣を見直す内容です。普段は献立を考えたり、給食の調理に携わっておられる先生方が食育の授業をされる際の引き出しを少しでも増やすことのお役に立てればと思います。
 特に、5時間目のプログラムは、誰かと一緒に食事を取ることの良さを考えたり、おもてなしをする時のコミュニケーションを考えたり、年中行事と食事の関係を考えたりと、短時間で取り組むことができる課題を組み合わせています。一部を取り出して、給食の前後の時間や他の教科の授業でも取り入れていただきやすい内容ですので、食育授業の際にはぜひ活用していただきたいと思います。

ページトップへ