研修報告

8月1日(木)

岩手県高等学校家庭科部会 沿岸支部研修会(岩手県)

 

授業の模様

 岩手県立宮古商業高等学校で開催された「岩手県高等学校家庭科部会 沿岸支部研修会」で、0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」1時間目「好きなものだけ食べちゃいけないの?」の模擬授業を実施しました。高等学校の家庭科の先生方の研修会の中で「食育の時間」の授業内容を体験していただきました。高校生も「早ね早おき朝ごはん」は重要な課題となっていて、科学的に説明する「ぼーっとしちゃうをつきとめよう」「早ね早おき朝ごはんきろくシート」などの教材には高い関心を持っていただきました。その他の貸出用の教材にも直接触れていただき、なごやかな研修会となりました。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 高等学校の先生方を対象に模擬授業を行うことは、これまでにほとんど例がありませんでしたが、「食育の時間」で扱っている内容は、高校生でも学習するべき内容が多いことがわかりました。
 三陸海岸沿いの宮古市を訪れたこの日は、8月でも「やませ」が吹きつける肌寒い一日でした。今回の模擬授業では生活リズムの改善や、栄養バランスを考えるための授業を行いましたが、独特の気候と豊かな海の幸など、地元の文化や食材を生かした食育を推進するためにも、この「食育の時間」をお役立ていただければ幸いです。

ページトップへ