研修報告

7月29日(火)

八王子市教育委員会 パワーアップ研修会(東京都)

 

授業の模様

 八王子市教育センターの大会議室で開催された「パワーアップ研修会(キャリア教育)」の中で4時間目「私たちの食べ物は大丈夫?」の模擬授業を実施しました。
 参加されたのは、八王子市内の小学校・中学校の先生方です。「外部人材を活用したキャリア教育の推進について」と題し、企業が社会貢献活動として行うキャリア教育の例を紹介しました。その中で「授業時間だけでなく、手洗いや清掃などの日常的な活動にも外部人材の仕事が教材となる」という提案として、食を扱う企業の衛生管理が教材として扱われていることを紹介しました。「手洗いチェッカー」や「手の洗い方のビデオ教材」などの貸出教材を使った授業の流れを体験していただきました。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 「外部人材を活用したキャリア教育の推進について」というテーマで、3時間の持ち時間をいただきました。職場体験や職場見学など、直接的なキャリア教育は生徒を企業等へ出向かせること、出張授業では外部の人を学校に招聘することが必要です。しかし、それ以外にも方法があるのではないか、ということで今回の研修で提案させていただきました。  
 企業と連携して作成した「食育の時間」の教材のひとつは、食を扱う企業の仕事をテーマにしています。小学生でも中学生でも、学校の中で日常的に行われている「手洗い」を、食を扱う企業はどのように行っているのか、教室の中で先生が紹介することができます。授業時間だけでなく、給食指導・保健指導の時間や、修学旅行・野外学習の前後の指導などでも教材をご活用いただければ幸いです。

ページトップへ