研修報告

7月21日(木)

野洲市教育研究所 授業力向上講座(滋賀県)

 

授業の模様

 滋賀県にあるコミュニティセンターやすで開催された「野洲市教育研究所 授業力向上講座」の中で、0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」と、4時間目「私たちの食べ物は大丈夫?」の模擬授業を実施しました。参加されたのは、野洲市内の小学校の先生方や幼稚園教諭の方々です。
 0時間目のコンテンツ「ぼーっとしちゃうをつきとめよう!」に沿って、学校現場での活用例を解説しながら、話し合い活動や「早ね早起き朝ごはんシート」の作成などの体験をしていただきました。また、4時間目のゲームコンテンツ「クックの調理場衛生チェック!」や、無料貸出教具「手洗いチェッカー」を体験していただき、和やかな雰囲気の研修会となりました。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 今回の研修では、模擬授業中に設けた話し合いの場面にて、先生方が活発に議論されている様子や、「手洗いチェッカー」でご自分の手を確認しながら、子どもたちが使用した場面を考えている姿が印象的でした。子どもに向けた指導だけでなく、保護者を対象として活用したいというお言葉をいただきました。
 子どもたちに楽しく食についての知識を身に付けていただくために、「食育の時間」のアニメーション、ゲーム、ワークシート、体験型教材といった授業コンテンツを活用していただけたら嬉しく思います。各時間の授業コンテンツを部分的に活用していただき、年齢に合わせた指導の一助けとなれば幸いです。野洲市のさらなる食育推進を祈っております。

ページトップへ