研修報告

9月9日(土)

岡山県学校栄養士会(岡山県)

 

授業の模様

 岡山県高梁市文化交流館で開催された、『平成29年度「食に関する指導」の充実のための自主研修会』の中で、岡山県学校栄養士会員の先生方を対象に、「食育の時間」を活用した授業実践についての研修を実施しました。
 前半の時間では、“早ね早起き朝ごはん”をテーマにした0時間目「朝ごはんってなぜ大切なの?」の模擬授業と、学級担任と栄養教諭の2名体制で実践された授業例をご紹介させていただきました。後半の時間では、短時間でもご活用いただける教材として、栄養バランスを考えてメニューを組み立てる「ぱくぱくクック(1時間目)」、消費カロリーをアニメで学習する「クックの代謝を見てみよう!(3時間目)」、衛生上間違った行動を探し当てる「クックの調理場衛生チェック!(4時間目)」など、ゲームで楽しく学べるコンテンツを中心にご紹介させていただきました。

参加者からの感想

授業担当者の感想

 とても大きな会場で、沢山の栄養教諭・学校栄養職員の先生方へ「食育の時間」ご紹介の機会をいただけたこと、大変嬉しく思います。「食育の時間」は、生活習慣、栄養バランス、衛生管理など、食に関する様々な観点から楽しく科学的にご指導いただける教材として、これまでも沢山の学校現場で活用していただいております。今回の研修では、限られた時間の中でできるだけ万遍なくご紹介させていただきましたが、実際に使っていただくことで、ご指導のイメージを更に膨らませていただければと思います。今後も、岡山県の食育の更なる発展を祈念しております。

ページトップへ